水漏れのトラブルを早めに修理する理由

水漏れのトラブルを早めに修理する理由 家の中で水漏れや雨漏り、床下浸水など水のトラブルが起きてしまうと、水が使用できないという不便さだけでなく、水のトラブルの状況次第では建物に被害が出てしまう恐れがあります。住宅の天井や壁にカビやシミが発生し、建築資材が腐食してしまい、住宅全体が劣化してしまいます。
そのような状態の住宅で生活していると、ぜんそくやアレルギーといった疾患を発症してしまうことがあります。また、ブレーカーが濡れてしまうことで漏電や電気のショートを起こし、電球や電化製品の故障を招く恐れもあります。そのため、住宅内の水のトラブルは迅速に対応し、早めに修理することが重要です。

■一戸建ての水漏れトラブルによる修理の場合

水の漏れ具合によっては、外壁や屋根、キッチンの床など住宅の建物自体が損傷してしまう恐れがあります。一戸建て住宅の場合、1階と2階の境になる天井と床で起きる水漏れに注意が必要です。一階建て住宅の場合は壁や床を伝わって、2階以上の住宅の場合は階の境目になる天井や床から水漏れの被害が拡大する可能性があります。水は上から下に流れる性質があるので、天井で水漏れが発生すると、家全体に被害が広がります。
天井や壁紙にシミができたり、カビが生えたりするなど、住宅全体の質が低下してしまいます。床は天井と同じく、主に使用している素材は木材で、被害が進むと床材が腐食することがあります。床材の腐食は、床下の基礎部分まで被害が及ぶことも珍しくありません。水のトラブルを放置すると、天井の張替えや床の修理が必要になり、高額な工事費用がかかることになるので、迅速に対応することが大切です。

■集合住宅の水漏れトラブルによる修理の場合
マンションやビル、団地など集合住宅の場合、コンクリートの劣化によるひび割れや隙間から浸水するリスクがあります。集合住宅で特に水漏れの被害が発生しやすいのは、室内のフローリングと共有スペースのエレベーターです。フローリングに水が浸み込むと変色してしまうので、張替えが必要になる場合があります。また、湿り気があることでゴキブリなどの虫が発生しやすくなります。
エレベーターはピット部分に水が浸み込むと、故障の原因なります。エレベーターが故障することで、ドアの開閉や昇り降りの際に事故が起きる危険性も高くなります。他にも畳の部屋の天井から水が漏れ出すと、畳が使えなくなり、臭いがするようになります。また、断熱材から水が浸み出してくる場合もあり、敷地内に設置されている水道から水が漏れていると考えられるので、住宅全体と周辺にも目を配る必要があります。

■水漏れ修理を放置すると起きる二次被害

住宅内で水漏れの対処が遅れると建物の劣化や損傷が進むだけでなく、床下のカビから臭いがしたり、カビや湿ったホコリのため健康に悪影響を与えたりといった二次被害に発展します。ぜんそくや気管支炎などの呼吸器系疾患、アレルギー性鼻炎などのアレルギー性疾患を発症する恐れがあります。
また、天井や壁から水がしたたり落ち、コンセントやプラグなどの電源に浸み込むと、漏電や電気ショートの原因になります。電化製品に被害が及ぶだけでなく、漏電から火災が発生する危険性も高くなります。集合住宅で漏電してしまい、火災が起きてしまうと隣り近所に被害が及ぶため、損害を賠償しなくてはなりません。住宅内で水のトラブルが発生したら、一刻も早く対処して修理してください。

■まとめ
水のトラブルは早めに対処して修理しないと、住宅の劣化などの建物の被害だけでなく、健康に悪い影響を及ぼし、漏電から火災が起きてしまう恐れがあります。水漏れに気づいたら、程度に拘わらず、迅速に対処することが重要です。
水のトラブルは普段、見えないところで進行していることもあるので、定期的に水回りを点検することも大切です。水のトラブルは小まめな点検と対策を講ずることで、大きな被害を防ぐことができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース